産休・育休制度があるかチェック

女性の仕事探しでの求人の見方

LINEで送る

ポイントを絞って良い仕事探しを

女性の皆さんにとって仕事探しは、やり甲斐や内容だけでなく、福利厚生も重要なポイントになりますよね。男性と比べるとどうしても人生のイベントに仕事が左右されてしまうことが起こり得るのが、女性にとってどのように計画していくかというところですよね。この記事では、就職・転職活動をする際に求人の見方のポイントをご紹介していきます。まず、求人情報の主な項目としては、職種、給与、勤務時間、勤務地、休日休暇、その他待遇が記載されています。しかしこれも全ての情報が記載されているないことも多く、わからないことをそのままにして入社を決めてしまうと後々「そんなこと聞いてなかった」なんて泣いてしまうことも。ご自身がどのように働きたいのかを求人を見る前に明確にしておき、応募前や面接の際に聞けるようにしておきましょう。仕事の内容については、職種、仕事内容、雇用形態、残業時間と残業手当についてはしっかり確認をしてから仕事に就くことも、社会人の自己管理の第一歩と言えるかもしれませんね。次に福利厚生についてですが、一番気になるところは出産や介護が発生した際の休業取得についてでしょうか。最低限の条件は政府で決められていますが、それが明確に就業規則に記載をされているのか。また各休業が取得できる条件(勤続1年以上、正社員など)は会社によって決めることができるものなので、ご自身の条件に合うものなのかをしっかり把握しておきましょう。これを把握した上で、上手く休暇・休業を利用することで会社側へも迷惑をかけずに気持ち良く働くことができるでしょう。以上、女性が就職・転職活動をする際の、求人の見方についてご紹介しました。

 

仕事の必須情報

↑PAGE TOP