会社の子育て支援

妊娠した女性が仕事を続ける環境

LINEで送る

妊娠した女性が仕事を続けるには

仕事を続ける女性が増えたことにより、福利厚生制度をはじめとした職場環境の整備は、企業においてとても大きな課題となっています。特に、女性が妊娠した場合の対応は、非常にデリケートな問題でもありますから、慎重に対応する必要があります。妊娠した場合の措置として多いのが、その期間中は勤務時間を短縮することです。また、通院などは有給休暇とは別枠で特別休暇を認める企業も増えています。さらには産前、産後休暇、育児休暇の充実も多くの企業で検討、導入されています。こういった措置の甲斐があって妊娠しても仕事を続ける女性が増えていることは、非常に良い傾向だと言えます。今後、企業が検討しなければならないのが、育児休暇などから復帰した場合のケアや、託児施設の導入など子育て支援に係る部分となります。例えば、長期間の休暇明けに、仕事が円滑に進めることができるよう、独自のカリキュラムにより復職支援を行っている企業や女性が安心して仕事に取り組めるよう、社内に託児施設を設ける等、様々な工夫が成され始めています。男女雇用機会均等法が施行され、ずいぶんの期間が経過しましたが、ようやく各企業において働きやすい環境が構築されつつある事は喜ばしい事ですが、一過性の対応ではなく、各企業が改善を続け、女性がより働きやすい環境を構築してほしいものです。

 

仕事の必須情報

↑PAGE TOP