トップ

PMSの足のむくみの改善策

PMSが原因のあしのむくみを改善

PMSの足のむくみの予防と改善策

学校を卒業し、社会人として働き始めた女性の多くが持つ悩みと言えば「足のむくみ」です。大学を卒業し勤め始めたA子さんも社会人1年目にして強い足のむくみに悩まされている1人です。

学生の頃と異なり、社会人になるとデスクワークやパンプスでの立ち仕事など女性にとっては足がむくみやすい環境が多くなります。ただその足のむくみはただの疲れ足や立ち仕事、座りっぱなしの仕事のせいばかりではありません。

女性が悩む足のむくみの原因には、PMS=月経前症候群と言われる女性特有の原因が関わっていることが多いのです。あなたの足のむくみにPMSが絡んでいると判れば、きっとあなたはPMSの治療をしたいと思うはず。今回はツライ足のむくみとPMSとの関係や原因などについてご紹介していきます

冒頭に登場した足のむくみに悩むA子さんは、仕事終わりの時間帯に強い足のむくみを感じていましたが、日常生活に支障が出るほどではありませんでした。ただ生理前になるとむくみが強くなる自覚はあったそうです。そこで色々と調べると、周期的に来る自身の不調の症状がPMSの症状に似ていたとのこと。

女性の体は月経周期でプロゲステロンとエストロゲンという2つのホルモンの量が大きく変動します、このため女性の心身はこのホルモンバランスの変化の影響を大きく受けることになるのです。

A子さんの場合は足のむくみの他に、強いイライラや肌荒れ、集中力の低下などが自覚できたことから、自分自身の足のむくみにはPMSが関わっていると認識しました。

先ほど、PMSの原因には2つのホルモンが関わっていることをお伝えしましたが、PMSの症状が強くなるのには飲酒やストレスも関係しています。そして、PMSの症状には先述のもの以外にも眠気が強くなるとか、腰痛などもよく挙げられます。

こうしたPMSの症状と言うのは女性ホルモンが関わっているということなので、改善策があることを知らなければ「女性はこうした症状を甘んじて受け入れるしかないのか」と思われるかもしれません。しかし実際にはホルモンバランスを多少でも自分で制御することでPMSの症状は軽減します。

ひどいPMSに悩む人で、日常生活に支障が出るほどの人であれば、婦人科を受診してホルモン薬などを処方してもらえばPMSの症状が改善することもよくあることです。ただA子さんのように月経周期で心身の調子に上下はあるものに日常生活に支障がでるほどではない、という場合は自分に合った改善策でPMSの症状が軽くなることもよくあるのです。

A子さんは自分のむくみの強さや、他の症状の強さなどを鑑みて、病院に行くほどではないと判断していたので、セルフケアに励みました。先ずは足のむくみの改善策として、足に筋力をつけることを始めました。

PMSに関係なく、足のむくみに関しては足の筋力低下が原因となっていることが多分にあります。ですから、積極的に階段を使う、歩くなどを日常に取り入れて足の筋力アップを改善策の最初に行ったのです。

ただしやはりA子さんの足のむくみにはPMSも関わっていることに間違いはないので、ホルモンバランスを整えることにも注力。女性ホルモンに似た成分の大豆イソフラボンのサプリを飲んだり、食事の中に大豆製品を積極的に取りいれたり。

PMSの改善策で食事を整えることはある程度効果もあり、体調は良くなりました。ただ1人暮らしで食事に気を遣うのは難しいことあったので、そうした場合はサプリやむくみを改善する漢方も利用していました。